第4回:ハインリッヒの法則

田栗 田栗
LINEで送る
Pocket


ジーアイシーの田栗です。

第4回目は、”ハインリッヒの法則”です。

ハインリッヒの法則とは

1:29:300→ハインリッヒの法則ってご存知でしょうか?

労働災害発生における経験則の1つで、”1つの重大事故の背景には、29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在する。”という法則です。つまり、重大な事故は軽微な事故を防いでいれば起きない。さらに、軽微な事故はヒヤリとするような異常を防いでいれば起きない、、、、、というもの。

このハインリッヒの法則は、アメリカの損害保険会社に勤めていたハーバート・ウィリアム・ハインリッヒ(Herbert William Heinrich)という人物が、1929年に初めて発表した法則です。ハインリッヒは災害防止の父と呼ばれ「重大事故の98%は事前に防げる」と語っている。ハインリッヒは看護学校などの教科書に取り上げられ、医療関係の世界では有名な法則で、ハインリッヒは知らなくても”1:29:300”や”330”などの数字はいわば常識に近いと聞きました。

医療現場での事故発生状況とハインリッヒの法則

医療現場での事故発生状況はというと、医療事故情報収集等事業平成27年年報(事故事例報告医療機関:477)によると2015年で発生した医療事故は3,654件その内、”療養上の世話”が1,301件(35.6%)ともっとも多く発生しています。2番目は”治療・処置”で1,109件(30.4%)となっています。事故の内容を見ると、転倒・転落が793件と”療養上の世話”の60%、全体の21%程度を占めています。また、それらの転倒・転落事故の程度は死亡・障害残存の可能性がある事例も80件発生しています。

ハインリッヒの法則を適応すると、転倒転落によるの重大事故80:軽微な事故2,320:ヒヤリハット24,000ということになります。ヒヤリハットの24,000件を削減することにより重大事故の80件を減少させることが、、、、、

Mittellは貢献いたします。

弊社開発中のMittellは医療現場における事故の最も多い転倒・転落を減少させるため非常に有効な離床・起床センサです。ベッドサイドのインシデント通報装置としてご利用いただければヒヤリハット減少、軽微な事故減少、重大事故減少へと繋がるものであると自信を持ってご提案いたします。

まずは、医療事故に関して非常に有効なMittellを是非ご体験ください。ただいま絶賛デモンストレーション中ですので、お気軽にご連絡ください。



Mittellデモンストレーションなど、詳細につきましてはお気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP